Y様オリジナルデザイン・持込み石カレッジリング

▼ 試験運用中の360度回転画像写真もあります

Y様はイラストレーターです。そのY様からオリジナルデザインのカレッジリングのご用命を承りました。

↓↓↓↓↓Y様からのご指示書

独特のタッチのデザインです。後から伺いましたが、以下のY様オリジナルイラストの一部モチーフをリングにデザインしたそうです。

そして、Y様のお亡くなりになられた御祖父が宝石商をされていたという事で、遺品の宝石からセンターストーン用の人工アレキサンドライトと飾り留め用のイエローダイヤをお送り頂きました。

アレキサンドライトは、一般には知られていませんが宝石の中でもダイヤモンドより価値が高い宝石です。まず産出量が非常に少ない事。そして含有するクロムや鉄分の配合で、個体毎に独特の「カラーチェンジ」をします。青、赤、紫、緑などクロムと鉄の含有量次第で見る角度や光源次第で様々なカラーに変化する美しい宝石です。

その配合の難しさから人工ダイヤ、人工コランダム(ルビー・サファイヤ)より人工化が遅れた人工宝石です。天然石同様にカラーチェンジする人工アレキは、人工石としてはかなり高価なものです。

Philip College Ringの標準石にも6月の誕生石として人工アレキを採用していますが、カラーチェンジしない青紫単色の石です。さすがに無料オプションではカラーチェンジの石は厳しいのです。

このように高価な石をお預かりした場合、Philip College Ringでは「持込み石お預かり証」を発行しております。

リング本体は14金のナチュラル仕上げ。ナチュラル仕上げでもPhilip College Ringの金型鋳造法は、彫の深さから彫刻も陰影がはっきり出ます。

アレキは青と赤紫に美しくカラーチェンジします。そして石座文字の間に留めたレモンイエローのダイヤは、14Kゴールドと調和して違和感がありません。

↓↓↓↓↓360度回転画像

リングバンドには有料オプションの「シェブロン・ライン」という飾り彫りも施しました。

お納めし、Y様も非常にご満足頂きました。着用画像もお送り頂きました。


 

禁転載