NFL ニューオリンズ・セインツ
2009年 チャンピオンリング

ハリケーン・カトリーナ被災地のニューオリンズを本拠にするNFLチームで、1967年のNFL参入以降低迷していたが、この2009年に初のNFCカンファレンス優勝を果たすと同時に、初のスーパーボウル制覇をした際のチャンピオンリング。

トップの「フルー・ド・リ(ス)」=ユリの紋章は、チームのシンボルマークであるとともに、ニューオリンズ市のマークです。

この紋章は、フランス王家の紋章でもあったので、フランス植民地だったルイジアナ州(ニューオリンズ市はルイジアナ州)にちなんで採用されたものだそうです。

そしてチームカラーが、ゴールド・黒なので、紋章の縁取りを通常の地金黒美仕上げでは無く、エポキシ樹脂で黒く縁取っています。
 

禁転載・copyrigth NFL & New Orleans Saints