Y様2個目のオリジナルデザインご注文品

イラストレーターのY様には以前、ご自身でデザインされたイラストを基に14金でカレッジリングをお作り頂きました。


 
この時も、宝石商だった御祖父の遺品のアレキサンドライトをお持ち込み頂き載せましたが、今回も同様に角型のアレキサンドライトとご自身のイラストを入稿頂き、2個目のオリジナルデザインカレッジリングをご注文頂きました。

以下のご指示書は、前回ご注文品の際のコミニュケーションを踏まえた完璧な設計指示書でしたので、ご意図は正確に把握出来、図面化もスムースでした。。


 

しかし課題は、お持ち込み頂いたアレキの生かし方です。

角型でかなり大きく、「エメラルドカット」という四つ角を切り落としたカッティングです。この石を極力リカットせず生かして載せるリングモデルの選定が課題となりました。

正確に計測し、Philip College Ringのリングモデルから最も適切なのはチャンピオンリング4001型となりました。

但し、石留枠を工夫しないとエメラルドカットの四つ角に隙間が出来てしまうかもなので、それが次の課題でした。(以下の画像の「キャップ」とは石留枠の事です)

Y様には充分な納期の猶予を頂きましたので、もし石留めに失敗したら2個目を鋳造してやり直す覚悟で望みました。そしてリング本体が出来上がり、石をフィッティングしてみると、ほんの少しだけ石の外側をリカットすれば収まる事が見えました。

今回の素材は柔らかく延展性に富むシルバー925ですので、石枠をエメカットのアレキに沿わせるように叩き曲げると、とっても上手く留まりました!ほんの少し隙間がありますが、全く不自然感はありません。当初のご指示に基づき、部分メッキもして、完成しました!

お納めしたところ、Y様は今回のお品にもご満足頂けたとの事でした。

禁転載