兄弟でチャンピオンリング

千葉県一宮町の大原姉弟は、サーフィンのチャンピオンとボディーボードのチャンピオンです。

2015年8月3日、カリフォルニア・ハンティントンビーチで行われたWQSサーフィンUSオープンで、Philip College Ringの地元一宮町出身のプロサーファー大原洋人君(当時18)が優勝しました。


サーフィン国際大会での日本人優勝は初の快挙でした。今回のUSオープン「オープン」の名の通りプロ・アマともにエントリーできる大会で、真夏のLA郊外ハンティントンで行われる非常に大きな大会で観客数50万人だったそうです。そのUSオープンで、我が一宮町の若干18歳!大原洋人君が日本人として初優勝を飾ったのです!

通称:ヒロト。 ヒロトは小学校低学年頃からサーフィンを始めワタクシもよく海で会います。彼がまだ小学生でようやく波乗りが上手くなりだした頃ですが、まだ周りが良く見えて無くてワタクシの波に前乗りしたコトも・・・。

この優勝を受け、一宮町の広報誌の表紙にも載りました。

そして、Philip College Ringはヒロトにチャンピオンリングを贈りました。



更に!!!2019年、我が一宮町から2人目の世界チャンピオン!!

ボディーボードの世界トッププロの「APBワールドツアー」の2019年世界チャンピオン、大原沙莉(サリ)24歳。ヒロトの姉です。


APBワールドツアーは、1987年から開催されているプロボディーボーダーの世界トップランクの男女選手がアメリカ、ハワイ、ブラジル、スペインなど世界を転戦するツアーです。ちょうどF1レースみたいな感じでしょうか?その年間獲得ポイントで日本人初の女性チャンピオンになったのがサリ!

サリも一宮町の広報誌に載りました。

当然、Philip College Ringはサリにもチャンピオンリングを贈呈しました。サイドパネルは姉弟お揃いデザインです。



このサリ、少々天然なところがあり、海岸でワールドチャンピオントロフィーをかぶってしまい、「使い方間違えてる!」とSNSで拡散されました。