福岡ソフトバンクホークス 2018年日本シリーズ優勝記念
チャンピオンリング

 
※本リングの意匠・デザインの著作権は、福岡ソフトバンクホークス株式会社に帰属しますので、本画像を転載したり、似寄り意匠品を製作したりする事は固く禁じます。
 

2018年シーズン、リーグ2位ながらクライマックスシリーズを圧倒的な強さで勝ち上がり、「下剋上日本一」で日本シリーズを2017年に続き連覇したソフトバンクホークス。Philip College Ringは通算4回目のチャンピオンリングをお作りさせて頂きました。

今回のチャンピオンリングのコンセプトは「ヤフオクドーム」。

ヤフオクドームの4カ所の張り出し窓をイメージしたトップ形状、ドームの屋根をイメージし中空状にしたエンブレムには「3行ロゴ」と言われるSoftbank HAWKS FUKUOKAを入れました。エンブレムで隠れている部分にもびっしりとダイヤを敷き詰めてあります。

サイドパネルデザインには日本一ロゴとホークスとして通算9回の日本一を表す★9個。反対側はペットマークロゴ(キャラクターのハリー君ロゴ)の上下に選手名・背番号の定番デザイン。

プレミアム仕様(選手監督贈呈用)
10Kホワイトゴールド 平均40g  エンブレム10Kイエローゴールド
天然ダイヤモンド 約1.50ct  1.5mm/1.6mm/1.8mm 72pcs
スタンダード仕様(2軍・育成選手贈呈用)
シルバー925 35-38g  エンブレム金メッキ キュービックジルコニア
※画像はいずれもプレミアム仕様

 

過去のソフトバンクホークス・チャンピオンリング

2011年日本シリーズ優勝記念チャンピオンリング

2014年日本シリーズ優勝記念チャンピオンリング

2015年日本シリーズ優勝記念チャンピオンリング

 

チャンピオンリング贈呈式

2019年3月29日 2019シーズンの開幕戦 ヤフオクドームにて試合開始前にチャンピオンリング贈呈式が行われ、王球団会長から選手を代表して柳田選手会長へチャンピオンリングが贈呈されました。

この開幕戦の来場者全員にはチャンピオンリング・レプリカが配布されました。

試合終了直後、ホークスファンのSNSをザワつかせる出来事が起こりました。元チェッカーズの藤井フミヤさんがゲームの勝利を祝いマウンド上で「勝利の空へ」を熱唱。その際、フミヤが当日来場者全員に配布されたチャンピオンリング・レプリカを装着していたので「フミヤ チャンピオンリングしてる」「俺も持ってる」などホークスファンのネットが騒然。

福岡の地にチャンピオンリング文化が根付いたような気がして、感動しました。

メイキング・オブ・チャンピオンリング

リング生産着手とともにダイヤモンドの手配を行いました。リングボディがWG(ホワイトゴールド)なので、カラーは黄色みがかったK~Mグレードは不可。GからJグレードの無色石のみを選別する必要があります。クラリティはVSクラス。


リング1本に72個を載せる設計で60本を製作しますので予備込みで約4500粒を選別。

新兵器「高性能ダイヤモンドテスター」を使用しました。昨今、中国を中心に偽ダイヤ(モアサナイト)が蔓延しているので要注意です。


そして今回のチャンピオンリングには、2つのクリティカルポイント(技術的難易度の高い工程)があります。

その1:彫り留め   鋳造したリングのトップは「のっぺらぼう」です。ここに、ほとんどのダイヤを「彫り留め」します。

以下はトップ脇4カ所の張り出しベランダ部分に彫り留めをする工程です。

↓↓↓↓↓張り出しベランダ部分に石穴・留め爪・三角の枠を形成したところ

↓↓↓↓↓石留め開始

↓↓↓↓↓全て手作業です。作業者:Philip College Ring代表:渕上。
くわえているのは爪倒し用のミルという先端工具。

↓↓↓↓↓使用する工具

↓↓↓↓↓こうなります。

↓↓↓↓↓以下は別の個体
中央ドーム部分も石穴と留め爪を形成してダイヤを敷き詰めていきます。


エンブレム留めポスト(支柱)受けの穴も2か所開けます。

↓↓↓↓↓留め終わり。エンブレムで隠れる部分もダイヤが留めてあります。

この「彫り留め」は文字や模様の彫刻が基礎技術ですが、ただ彫るだけではなく石の向きを揃えたり、留め爪でしっかり石を固定したりする技術も必要で、彫金の中でも最高難易度の技術です。


クリティカルポイントその2:エンブレム・フィッティング   

エンブレムのセッティングが難しいのではありません。リングとエンブレム個体毎の「フィッティング」がポイントです。エンブレム裏のポスト(支柱)とリングトップに空けた穴、石座座周囲の枠、両脇の飾りのバットとボールがきっちりと「フィット」しなければなりません。

リング枠は個体毎に指サイズが違いますので、微妙に石座の直径も違ってきます。エンブレムも同様ですので、「カチっと留まる」相性の良いリングとエンブレムを組み合わせます。


脇のフィットも重要です

個体毎にフィットしたエンブレムは、名前を書いた袋に保管します。

この後、リングはホワイトゴールド工程に入ります。

ホワイトゴールドを張り終えたリングに1個づつエンブレムを装着します。

エンブレムは工業用接着剤と透明樹脂の二重補強を施します。


ホワイトゴールド(プラチナ)の銀灰色とイエローゴールドのコンビネーションが美い!

壮観です!

そして選手監督贈呈用のプレミアム仕様リングは、特注のウッドケースに
収納して納品します。
ケースは高級時計ケース職人さんに外注したものでカナダ産メープルウッドと
本革ポークスウェード素材です。

End


※本リングの意匠・デザインの著作権は、福岡ソフトバンクホークス株式会社に帰属しますので、本画像を転載したり、似寄り意匠品を製作したりする事は固く禁じられています。