タンパ大学カレッジリング

フロリダのタンパ大学大学院に留学され、MBAを所得されたK様よりMBA学位入りカレッジリングのご注文を頂きました。
センターストーンは、緑系ターコイズの代表格ロイストンをご指定頂きました。

ロイストンターコイズは、ネバダ州ロイストンの銅鉱山の副産物として採取される独特の緑と銅の茶色のマトリックスの入る非常に個性的な石です。個体によって色、柄が様々に変わり、普通の青系ターコイズに満足されない個性派の方が選択される石です。この石の場合、柄の入り方で非常にお好みの分かれる事があります。

今回のK様のリングに最初にお載せしたロイストンは、ほぼ中央に金色掛かった銅のマトリックスが入った石で、わたくし的にはこの金色の柄が良いと考えましたが、そこはお好みですのでお納めした際、K様に念のためお伺いしました。もし、この柄がお気に召さないようでしたら別のロイストンに載せ替えますが如何でしょうか?と。


K様はかなり悩まれたようですが、思い切って柄の少ないロイストンにされたいとのご希望。そこで、手元にあるロイストンの比較的柄の少なめのルース(裸石)を3種選択し、画像をお送りし、お選び頂きました。


ご検討の結果、中央のB濃い緑の石を選択頂きました。
一旦、お納めしたリングをご返送頂き、ご指定のロイストンに載せ替えました。
再度お納めしましたところ、非常に気に入って頂けました。

禁転載