S様ご夫妻結婚10周年記念ペアリング

S様(ご主人様)より奥様には内緒で結婚10周年のペアリングのご依頼を頂きました。

Philip College Ringのウェブサイトを熟読頂いたようで、天然石を多用し、エンブレムやエナメル、ナチュラル仕上げなどのオプション盛りだくさんのご要望です。
ご要望にはいくつか実現性と実用性に問題がある部分もありましたが、約1か月かけて根気よく打合せにお付き合い頂き、ご納得のデザインに辿り着きました。


センターストーンはラピスラズリ。
飾り石は、お二人の誕生石、交際を始められた月の石、結婚された月の石を意味を込めた配置にしました。奥様のリングには、豪華にダイヤ10粒(10周年記念)を石座に配し、同様の意味を込めてご主人のリングにはエンブレムに誕生石のブルートパーズを10個留めました。

リングが仕上がってからが大変でした。。。
エンブレムを支える支柱を差し込む穴をラピスに開けたら割れてしまい買い直し・・・。アレキサンドライトが見つからず(ダイヤより圧倒的に希少で高価な石です)探し回ったところ、素晴らしいカラーチェンジをするアレキを発見!!!
ところが・・・・・頂いていたご予算を大幅にオーバー・・・・。ご主人の想いがこもった打合せを思い出すと、今更「ご予算に合うアレキが見つかりませんでした・・」とは言い出せず、赤字ですが調達。

メンズリング


奥様リングのダイヤも図面段階のサイズ見通しが甘く、大き目サイズを調達したので予算超過。。

レディースリング

トホホ・・状態でしたが、このリング達、出来上がったらすごくいい顔をしているんです!お納めしたらS様よりとてもお気に召して頂けたとのご連絡が!トホホがハッピーに変わりました。

記念リングという仕事は、お客様の想いの分のプレッシャーもあり、儲からない事もありますが、お褒め頂くと「やってて良かった♪」になります。励みになります。

※プライバシー保護の為、一部画像にボカシを加えています。
禁転載