ガンメタル仕上げ2種
 
元々Gunmetal:砲金は銅と錫の合金で大砲の砲身の材料でしたが、近代では様々な合金が銃身に使われています。
共通するのは、剥がれにくく、耐熱性に富んだ黒いメッキ:硬質クロームメッキの色を「ガンメタル色」と呼んでいます。

クロームメッキは装身具には不向きですので、Philip College Ringでは「ルテニウム」という黒いプラチナ属の金属をメッキしたものを「ガンメタル仕上げ」としてオプションでご用意しています。

【ガンメタ仕上げについて】


銃身等のイメージから、ミリタリーリングのオプションにぴったりです。
 
 
禁転載