オービックシーガルズ敗れる!


2014年11月30日、アメフトの社会人Xリーグ、学生リーグともに準決勝戦が行われました。
社会人Xリーグでは2010年からXボウル、ライスボウルとも4連覇を果たした絶対王者:オービックシーガルズが敗れるという大波乱になりました!

準決勝戦で2014年シーズンを終えたオービックシーガルズ大橋HCの試合後インタビューは、言葉少なです。

【大橋HC談話】

大橋HCは勇退も考えているのでは?という含みの談話です。
しかし、客観的に見ても大橋HCは日本一のアメフトコーチ。
引退という選択肢は日本アメフト界の損失です。
オービックシーガルズを来年再び日本一に導くか、他のチームで指揮を執るか、日本のアメフト界を変えるエンジンの役割を担って頂きたいという願いとともに、V5に向けた強烈なプレッシャーから解放されて「ご苦労様」と申し上げます。


さて、「1強」時代を4年間続けたオービックシーガルズの敗戦で、一挙に戦国時代になった感のある2014シーズン。

社会人Xりーグ決勝戦は、富士通フロンティアーズvsIBMビッグブルーのIT企業対決になりました。


12/15(月)19:00Kick off 東京ドーム

フロンティアーズは、まさに「無冠の帝王」。
この数年間、トーナメント戦などでシーガルズに唯一土を付けたチームで、Xボウル決勝にも通算4回出場しており、2013年、2011年ともにシーガルズに苦杯をなめさせられています。今年こそ、タイトル獲得に燃えに燃えているでしょう。

ビッグブルーは、Xボウル初進出。
創部は1976年と歴史がありますが、現在のところタイトル無し、Xボウル進出経験も無し。一昨年にUCLAのQBだったケビン・クラフト選手の加入以降、ぐいぐいのし上がってきたチームです。

戦績からすればフロンティアーズですが、なにが起こるかわかりません!


そして学生日本一を決める甲子園ボウルの方は!

12/14(日) 甲子園球場

こちらは「伝統の一戦」。
「赤と青の対決」。
西の横綱:関学ファイターズ vs 東の横綱:日大フェニックス

関学、日大ともにリーグ戦を圧倒的強さで勝ち上がって来ての、まさに「全勝同士の横綱が15日目に直接対決」の様相です。
朝青龍vs白鵬って感じ・・・・

関学は、宿敵:立命館にも万全勝ち。
日大の方は、強豪:早稲田と法政に競り勝っての決勝進出。


さて、再来週の週末12/14と翌日12/15月曜!
日本のアメフト界の頂点ライスボウルへの切符を手にするのは、







富士通フロンティアーズ


2014年12月1日
Philip College Ring代表:渕上祥司