吉川将司(ヨシカワショウジ)様オリジナルデザインリング

弊社も数々のこだわりの品をお作りさせて頂きましたが、本品は「こだわり&様々なオプション・トップクラス」のものです。カレッジリング博物館展示品で初めて、ご本人様のご了解によるフルネーム掲載です。

スタンダードモデル1015
シルバー925 16g+純金メッキ
人口ルビー&エンブレム
天然ダイヤ1.7mm×6pcs

メッキ・ダイヤ載せ前のウェイトチェック&指サイズチェック風景



そして、石座脇のダイヤモンドは吉川様の御親戚に宝飾業者さんがいらっしゃるとの事で、かなり質の良いダイヤモンドを支給頂きました。図面作成段階でお手持ちのダイヤモンドをお預け頂き、石座寸法に合う石を選別させて頂いたのです。クラスとしては、4C(カラー・クラリティ・クオリティ・カット)ともにほぼ最上級でした。

ダイヤ載せ前のサイズフィッティング
 

そして、デザインされた吉川様ご本人よりデザインコンセプトを詳細に御解説頂きました。

(吉川様のご説明、原文まま)

● 左サイドのマーク = 当家、吉川家の家紋(久世橘)
● 右サイドのマーク=私個人のマーク(桜)
※我が家のメンバーは、全員、一人にひとつ、
自分の「花」と、その「マーク」を持っています。
● トップのマーク=ガンダムのジオン軍の紋章をもじったオリジナルマーク
※よーく見ると、縦書きに「吉川」と、なっています
● トップの脇に入っている数字=当家が本家から分家した初代の年

吉川様のご説明にはありませんが、石座脇の1884と左右の紋の枠囲いは、メッキを剥離し、銀下地を出してメリハリをつけています。その銀下地部分は「テクスチャー・フィニッシュ(梨地仕上げ)」にしています。これは、銀露出部を通常の鏡面研磨をしてしまうと、周囲の金メッキ色を拾って反射してしまい、銀色に見えなくなるためです。
 
 
禁転載