【弊社製品に使用するホワイトゴールドの仕様変更のお知らせ】


2010年6月15日  2012年11月12日上書き
Philip College Ring代表 渕上祥司

お客様・販売店様各位

2010年7月1日以降に受注させて頂くホワイトゴールド(WG)製品につきまして仕様を以下のように変更致します。
  1. (従来WGの品位表示) 10KWG/14KWG/18KWG
    ゴールドにニッケル等の白色金属を割り金したホワイトゴールド素材
              ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
    (新WG) 10KRHP/14KRHP/18KRHP
    イエローゴールドにプラチナ系白金パラジウムとロジウムを2重に電解蒸着(メッキ)加工したもの。約50ミクロンのパラジウムの下地に約10ミクロンのロジウムを張る極厚プラチナメッキです。

  2.      
  3. 変更理由
    -(1):現在市場に流通しているWG素材は、ゴールドにニッケル・亜鉛等の軽金属で割った通称:「ニッケル割りゴールド」が主流です。

    軽金属系WGで金型にて鋳造すると、地金表面の「肌荒れ」がひどく、鍛造しても研磨しても回復不可能なス穴等が多く発生します。また、HV(金属硬度)も従来WGやイエローゴールドに比べて大幅に低く(14KWGでHV硬度120とシルバーのHV硬度150よりも柔らかい)、弊社製品の最大の特徴である深い彫り込みの角が丸まってしまったり、欠けたり、地金面に深いキズが容易についたりする恐れが高い。

  4. 変更理由
    -(2):軽金属系WGに多く含まれるニッケルが、金属アレルギーの大きな要因となる危険性がある為。

上記の理由から、軽金属系WGは「一生物の記念リング」としての性格の弊社製品に不適合と判断致し、前述のような【新WG】に仕様変更する事と致しました。

10KWG=10金イエローゴールドに極厚プラチナメッキ
14KWG=14金  同上
18KWG=18K  同上

従いまして、10/14/18Kの各品位での色目の違いはございません。
また、アレルギーフリー素材です。
変色変質も無く、メンテナンスフリーです。
お手入れの際は、水洗い(又は中性洗剤で洗う)のみで、研磨粉含有のお手入れクロスは使用しないで下さい。

新WGは、古くは銀髪系欧米人に好まれた古典的なものです。今回の仕様変更は、けっしてグレードダウンでは無く、逆に資産価値としては高い地金仕様への変更ですので、ご理解の程宜しくお願い申し上げます。